ごあいさつ

当初は、昭和8年(1933年)に祖父 佐藤千代三郎 が当時は数少ない産婦人科専門医「佐藤醫院」として、 川口市の本町1丁目郵便局跡地に地域医療を始めました。
昭和21年1月には、川口市青木に市の病床増加の要請で移転し『産婦人科 佐藤病院』となりました。 その後は皆さまの「かかりつけ医」として、昭和~平成の時代の移り変わりとともに、クリニックも変遷しながら、地域の皆さまの4世代間80年以上にわたり、 健康管理に関わらせていただいて参りました。
平成16年(2004年)の1月には、『さとうレディースクリニック』としてリニューアルをしましてからは、10周年を迎えています。

祖父の時代の80数年前から21世紀の今でも、お母さんと赤ちゃんの母子にとりまして、出産は「命がけのイベント」であることに変わりはありません。 医療機器がいかに発達した現代といえども「100%の安全が約束されるお産はない」のが現状です。 さとうレディースクリニックでは、母子のみなさんに関る医療(医師・助産師・看護スタッフ)の数と質を益々厚く、日々進歩する医療情報をわかりやすく提供してまいります。 この地域で分娩を取り扱う産婦人科診療所は数少なくなってまいりました。
当院は、地域周産期センターと連携し、80年前から変わらない皆様への思いを今後も、 赤ちゃん-思春期-妊娠-出産-婦人病-更年期-老年期……女性の健康を幅広くサポートする、ライフケアステーション的存在であり続けたいと願っています。
気軽に訪問し相談していただき、できるだけ「A:安全」で「A:安心」して、そして個々にオーダーメイドな「A:温かみのある」=「AAA(トリプルA)」な医療をご提供したい、 そしてさらに必要があれば高度医療機関への橋渡し役をもする、そのような地域密着のKey-Stationのような、クリニックであり続けたいと心から願っております。


さとうレディースクリニック
院長 佐藤倫也